令和2年3月30日 議員総会にて令和2年度度事業計画・収支予算が可決承認されました。

令和2年度 事業計画・収支予算 概要

令和2年度事業計画 

【基 本 方 針】

 緩やかながら好調を維持してきた我が国経済は、昨年来、米中貿易摩擦の長期化や英国のEU離脱問題、日韓関係など、不安定な世界経済の動向により、輸出額の減少や企業マインドの低下も見受けられるなど、景気の下振れリスクが混在する状況にあります。加えて現在、新型コロナウイルスの感染が世界各国に急速に広まり、人・物の動きが停滞し、世界経済に大きな打撃をもたらしています。  特に、人手不足や原材料価格の高騰、後継者難の顕在化など、多くの課題を抱える中小企業・小規模事業者にとりましては、この問題が、経営環境の更なる悪化に拍車をかける事態となりつつあることが懸念され、国による迅速かつ幅広い対応・支援策を望むところであります。当所としましても、行政や金融機関等とも連携を図りながら、各事業所の状況把握に努めているところであり、資金繰りをはじめ、必要に応じた支援策等の利活用に最善の努力を尽くして参ります。 そのほか、年間を通した事業推進では、喫緊の課題でもある人手不足対策をはじめ、生産性の向上や経営力の強化、事業者数の減少対策等に重点を置き、事業推進を図って参ります。特に、経営環境の厳しい小規模事業等については、伴走型による事業計画策定支援など、経営基盤の安定強化に努めて参ります。 人手不足対策では、求人企業説明会等への出展支援や求人情報の発信、女性や高齢者・外国人等多様な人材の活用などを促進して参ります。経営力の強化では、働き方改革やIT・IOT活用による生産性の向上や各種支援制度活用による設備投資の促進、ビジネスチャンス拡大に繋げる各種企業展・商談会等への出展支援などの事業推進を図って参ります。事業承継問題や創業支援では、関係機関とも連携を図り、個々の実情に応じた事業継続や新規創業への取り組みを支援して参ります。事業継続のためには、災害等緊急時の備えも重要であり、各事業所における危機管理等の計画策定の促進に努めて参ります。また、地域活性化の推進では、中心市街の地活性化を図る基本計画の策定等に向けた取り組みを継続実施のほか、新たな課題として、国内でも注目されつつあるSDGs(持続可能な開発目標)に関する調査・研究を進めて参ります。 地域経済・社会基盤を支える原動力は、中小企業・小規模事業者の活力であり、各事業所の底上げを後押しするのが商工会議所の役割であります。現場の意見や要望等を丁寧に拾い上げながら、会員事業所が抱える諸課題解決への取組みや変革への挑戦を支援して参ります。地域経済の牽引役として、信頼され頼られる会議所づくりに一層努めて参りますので、引き続き、皆さんのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

【主 要 事 業 項 目】

1.地域経済の活性化を図り、豊かな地域社会の実現に努める。

2.高度情報化社会に対応するため、知識・技術の普及・向上に努める。

3.産業振興対策事業を推進し、企業の経営改善・事業承継・創業等を支援する。

4.人材の確保・育成及び労働環境の改善、福利厚生事業の支援・充実に努める。

5.交流人口の増加を図り、商店街の活性化を積極的に支援する。

6. 信頼される商工会議所を目指すとともに、財政基盤の拡充を図る。

7. 住み良い豊かな社会を目指し、地域福祉向上と産業基盤整備を促進する。


【収支予算】